年間150以上のガジェット・家電を現役WEBエンジニアがレビューするブログ

アウトドアでも大画面でTVや動画、DVDの視聴やゲームをプレイしたい。

そんな私と同じようにわがままな人にうってつけなのが、MIYOKIの「17インチ録画機能付きポータブルフルセグDVD」です。

この製品は名前のとおり、TVも見られるDVDも見られるモバイルモニターとしても使えるスグレモノ。

他にもCDやUSBメディアの再生、HDMIを使えばゲームだって遊べます。

価格は17,000円前後と、搭載された機能の豊富さを考えるとコスパに優れた本製品。

▼ブログレビュー

私はデザイナーではないのですが、こういったブログや動画、その他制作活動とは切っても切り離せないのが画像の加工です。

最近ではソフトがAIを使って自動である程度補正してくれますが、そのときに気になるのが本当の色の見え方。

レタッチ後の画像の見え方がPCモニターとスマホで違う、という経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

そんな問題を解決してくれるのが、BenQの「PD2705U」です。

27インチながら解像度4Kと高精細で、作業スペースを十分に確保。

HDR10に対応しているので、効果を確認しながら編集作業を進めることができます。

またAQCOLOR技術とCalMAN認証で正確な色表現を実現し、“M-bookモード”ではMacBookの色を再現してくれます。

その他にも各種豊富な機能を搭載し、BenQ独自のアイケア技術で眼精疲労を予防したりと至れり尽くせり。

価格は7万円台と、一般的な27インチモニターと比べると高価ではありますが色の再現にここまでこだわった製品は他に類を見ず、まさにプロが選ぶべきモニターと言える本製品。

▼ブログレビュー

「SwitchBot K10+」と言えば2023年7月に発売されたロボット掃除機で、なによりも直径約25 cmという常識を覆すコンパクトさで業界に衝撃を与えたのは記憶に新しいところ。

同社の「お掃除ロボット S10」は、「K10+」とはまた違った方向性でインパクトの強いロボット掃除機です。

基本性能はゴミ吸引と水拭き、とここまではよくあるスペックですが、この製品はなんと給水・排水作業が一切不要に。

秘密はゴミ収集ステーションとは別に設置する水交換ステーションで、上下水道に直結することでこのような夢の機能を実現しています。

もちろん掃除性能も水準以上のもので、同価格帯の他社製品と比べてもトップクラスの満足度を誇ります。

価格は12万円前後と他社製品と比較しても絶妙な設定で、唯一無二の水道直結を考えるとむしろ安いくらいに感じられる本製品。

▼ブログレビュー

私がロボット掃除機を使い始めてから10年以上、本格的にレビューを始めて3年ほど経ちますがその進化のスピードには目を見張るものがあります。

そこで本記事では最新のロボット掃除機4つについて、サイズやデザイン、性能面など細かく項目を分けそれらの比較や検証した結果で得点を出しました。

10万円前後で自分にあった最新ロボット掃除機をお探しの方は、ぜひ今回の検証結果を参考に選んでみていただけると幸いです。

▼ブログレビュー

私はキーボードを数多く所有していますが、その中でもメインで使っているのが「HHKB Professional HYBRID Type-S」です。

HHKBと言えば無刻印キーキャップが有名で優れたデザイン性に憧れますが、タッチタイピングができるとは言えなかなか手を出しづらい…。

そんな私と同じような方におすすめのキーボードが、Epomakerの「Tide75」です。

質感の高いPBTダブルショットキーキャップは一見無刻印ですが、実は手前側に刻印のあるサイドプリントという特殊なキーキャップを採用。

文字が透過するため、各色に光るRGBライトが美しく見えます。

打鍵感も小気味よく、VIAでカスタマイズ性が高いのも嬉しい点です。

価格は2万円台で、オリジナリティ高いメカニカルキーボードを使えると考えるとコスパに優れた本製品。

▼ブログレビュー

ロボット掃除機と言えば今では数多くの企業が様々な製品を販売していますが、一昔前はあまり選択肢がありませんでした。

当時から第一線で活躍し今でもロボット掃除機の代名詞、として有名なのがiRobot社の“Roomba”ですよね。

実はこれまでルンバをレビューしたことはなかったのですが、この度機会を得て「Roomba Combo j5+」をレビューしました。

ゴミ吸引&水拭き、そしてスマホアプリ完備と最近のトレンドはきっちりと抑え、掃除性能も悪くありません。

しかし同価格帯の他社製品と比べると、どうしても機能面で見劣りしてしまう感は拭えない一面も。

▼ブログレビュー

Ankerの製品といえば充電器やモバイルバッテリーのイメージが強いですが、実はブランド展開して多ジャンルの製品を取り扱っています。

今回はその中でも家電ブランドであるEufyのロボット掃除機「X10 Pro Omni」をレビューします。

ブラックで統一されたモダンな見た目がカッコよく、ゴミ吸引&水拭きを同時に自動でしてくれます。

掃除後はゴミを自動収集し、さらにモップ洗浄&乾燥までとほとんど人の手がかかることがありません。

価格は10万円前後で、他社製品と比べてもビルドクオリティや機能面で非常に満足度の高い本製品。

▼ブログレビュー

私がロボット掃除機に詳しくなった理由としては、比較記事を書いたからなのですがその中で取り扱ったRoborockの「Q Revo」には正直驚かされました。

恥ずかしながらこれまでRoborockの存在を知らず、企業自体を調べるところから始まりましたがやはり目に留まったのは“ロボット掃除機専門メーカー”ということ。

これは期待できる、と掃除性能などの検証を始めたところすぐにそのポテンシャルの高さに気づくことに。

またアプリの作り込みのクオリティも高く、直感的でわかりやすい。

価格は10万円前後で、搭載された機能やアプリの作り込みを考えるとむしろ安いくらいに感じられる本製品。

▼ブログレビュー

AppleのiPadをはじめとし、Androidタブレットを含めて数多くの製品を使ってきました。

特にAndroidタブレットは価格の安さが魅力的ですが、ビルドクオリティの点でいうとチープさが目立つ製品が多いのはまた事実。

しかしAlldocubeの「iPlay60 mini Pro」は高いビルドクオリティとバランスの良いスペック、そしてコスパに優れたAndroidタブレットです。

サイズは8.4インチでコンパクトなので多くの男性なら片手で持つことができ、あの人気タブレット「iPad mini 6」を彷彿とさせます。

Android 14を基本としてカスタマイズしたALLDOCUBE OS 3.0を搭載し、機能豊富で様々な用途に使えます。

価格は2万円台と格安で、あの人気タブレット「iPad mini 6」の代替品としても活躍できるポテンシャルの高い本製品。

▼ブログレビュー

わが家では春から夏にかけて、そして秋になるまで公園を始めとした屋外に週末になると必ず遊びに行きます。

よく晴れた日は気持ちが良く、アウトドアにうってつけですが注意しなければならないのが熱中症ですよね。

大人は自衛できますが、子どもは地面に近いということもありすぐに顔が真っ赤になるので心配で、こまめな水分補給と休憩が欠かせません。

RANVOOの「AICE LITE」は、熱中症対策にうってつけなネッククーラーです。

クールな外見で外でも装着しやすく、強力なファンで首元から全身まで一気に冷やしてくれます。

スマホアプリに接続すれば手元で細かな調整もできて隙がありません。

価格は2万円台とネッククーラーとしては少々値が張りますが、ビルドクオリティや冷却性能の高さはやはり安物とは一線を画す本製品。

▼ブログレビュー

子どもの頃から“寝ること”があまりうまくない私ですが、耳栓を使ったことはほとんどありません。

耳になにか入っているという違和感や痛みなど、あまり快適に過ごせた記憶がないためです。

Ankerの「Soundcore Sleep A20」は、そんな私のような寝るのが下手で耳栓があまり得意ではない人にうってつけの完全ワイヤレスイヤホンです。

人間工学に基づいたイヤホンの形状はとても平べったく、装着しながら寝返りを打っても邪魔になりません。

専用のスマホアプリで心地の良い音楽を流しながら就寝でき、日中は普通の完全ワイヤレスイヤホンとして活躍します。

価格は17,000円前後と手頃で、完全ワイヤレスイヤホン兼高機能耳栓として大満足の本製品。

▼ブログレビュー